蕎麦小路さわらび 徒然日記 


<   2013年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧



蕎麦湯考

最新の貸切情報

9月30日(月)、10月7日(月)貸切のご予約をいただいております

なお10月9日(水)ランチ営業をお休みさせていただきます(度々ご迷惑をおかけして申し訳ございません 水曜ランチ休みはこれで最後です。。。)

c0294831_15535169.jpg


9月19日は十五夜満月でしたね~
台風の後もあってか、眩しいくらいの清清しい光でした

ところで十五夜ってなに?

あったりまえのことが分からなくて調べてみたら旧暦8月15日にあたる日のことで今年は9月19日で満月でしたが、十五夜と満月は必ずしも一致するわけではない!
知らなかった~ ちなみに9月7日から10月8日の間に訪れる満月の日を中秋の名月と呼ぶそうです

日本の文化で知らないことはまだまだ沢山あります・・・

c0294831_1611345.jpg


突然話は変わりますが、蕎麦湯もわかりにくい日本文化ですよね
蕎麦文化圏でない方は蕎麦湯自体、なんだかよくわからない方もいらっしゃいます

実際は蕎麦を茹でたお湯ですが、最近では蕎麦粉をわざわざ湯に溶いて常にドロっとした蕎麦湯を提供しているお店もあるほど
蕎麦湯に大きなこだわりをもっているお客様は結構いらっしゃいます

蕎麦湯をいつからお客様に出していたのか、その発祥は良くわかりませんが、聞いた話では昔、蕎麦屋さんで修行していた丁稚が蕎麦を食べることを許されずに、お腹が空いたのを紛らわせるために、蕎麦を茹でたお湯(蕎麦湯)を飲んで空腹を満たしていたのが始まりとか

とにかく現在はお蕎麦湯に栄養価が流れ出ているということで人気です

さわらびでは湯桶は小さな空気穴がついている湯桶を使っています
そうでないと、ゲッポっとお湯がいきなり飛び出してしまうから

それからお客様のお好みが分かれるので、湯桶の中に沈んだ蕎麦粉を混ぜるマドラーを用意しています
お好みでクルクル混ぜて濃さを均等にして御飲みいただきます

ただし蕎麦粉を事前に溶いて、ドロドロの湯は用意していません
なんか、気持ち悪くて嫌だから

お客様のなかには沈殿した上澄みこそ、蕎麦の香りがたって美味しいという方もいます
お好みでどうぞ

出てきた蕎麦湯が薄い時は(暇だったんだなぁ・・・)と思ってください(涙)
[PR]
by soba-sawarabi | 2013-09-21 16:32


芸術の秋 食欲の秋~

台風が近づいている三連休中日

前々から気になっていた美術展のうち、今週末で終了のプーシキン美術館展(@横浜美術館)に行く予定でした


c0294831_20564238.jpg




午前中の豪雨に恐れおののき、横浜まで出るのを断念

近場の東京国立近代美術館で開催されている「竹内栖鳳(たけうちそうほう)展」に行ってきました



c0294831_20574686.jpg

とりあえず、腹ごしらえ 食欲の秋だもんねっ と

九段下の老舗お寿司屋さん「寿司政」さんで極上おまかせ寿司を堪能している間にすっかり雨が上がりビックリ

なんだぁ・・・横浜いけたなぁ・・・残念!

国立近代美術館は前を通るだけで、今回が初めての訪問
なんとなく古いイメージでしたが、中は広々と余裕のある展示でとっても快適に鑑賞できました


c0294831_21271695.jpg



詳細情報

竹内栖鳳展~近代日本画の巨人~ @東京国立近代美術館 10:00~17:00

2013年9月3日~10月14日


ポスターにも使われている栖鳳の代表作「斑猫」は9月25日からの展示だそうです
なので今回はお目にかかれませんでした。「斑猫」は山種美術館所蔵だそうです


あわせてMOMAT(東京国立近代美術館「所蔵作品展」)も見所満載
久しぶりに沢山の上質な美術絵画に触れて大満足でした

今年は海外からの美術展覧会の当たり年

感性を磨くためにも美術鑑賞はとても有効だと思っています

芸術の秋
またふらりと出かけたいと思います
[PR]
by soba-sawarabi | 2013-09-15 22:12


与之助さん

c0294831_14242748.jpg

c0294831_14242714.jpg

c0294831_14242753.jpg

F9AF.gif・最新の貸し切り&満席状況 9月は満席の日はありません ご利用お待ちしています F9AF.gifF9AF.gifF9AF.gifF9AF.gifF9AF.gif

9月に入ってすっかり初秋めいて来ましたね


夏休みを頂き、リフレッシュして後半戦のスタート

ありがたいことにリハビリ一週間忙しい毎日でした


ごてごてですが…

夏休み蕎麦巡りで最後に伺った浅草(蔵前橋)の与之助さんについて

創業はさわらびより半年程早く、10年を迎えられています

何を隠そう与之助さんのご主人は、うちの主人の大切な修行時代の仲間です


基本奥様と2人で切り盛りしているので、うちと一緒

店の雰囲気は和のモダンテイスト
与之助のご主人が生け花をしたり、和手拭いが額に飾られていたりと店への愛情が伝わってきます

頂いたお蕎麦は

白梅香(はくばいこう)
梅肉とシソが乗った冷やかけ

金の笊
こだわり豚と青菜の温かいつけ汁蕎麦

ネーミングが素敵!

北海道の蕎麦粉を現地まで行って生産者さんと毎年話し合い仕入れる超こだわり蕎麦

美味しいのはお墨付きです!!

日本酒もツマミもイケてます

夫婦二人三脚の仲間と久しぶりに会って、お互いの珍道中を笑い合うのは楽しいひととき

また頑張っていこう!と気持ち新たになりました
[PR]
by soba-sawarabi | 2013-09-07 14:24

    

さわらび女将からのお知らせ
by yoko